共有名義の土地の売却条件とパターン

住むなら、マンションVS一戸建て?!

  • Facebook
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

住まい探しを一から考えるのはたいへんですよね。
住まいを選択する上で、まず、マンションか一戸建てか、新築か中古かといった住宅選びに頭を悩まされる方もおられるのでは・・・。

今回はマンションVS一戸建てのメリット・デメリットをまとめてみました。

ここではそれぞれの特徴をご紹介するとともに、希望に合った住宅の種類を選ぶ方法をご紹介します。

1.マンションと一戸建て、どっちを選ぶ?

メリットを「○」、デメリットを「×」でまとめてみました。

 

<マンションの特徴>

○ 土地が共有なので、同じ地域にある一戸建てより平均的に価格が安い。
○ 委託管理の場合、共用部分の掃除や維持・管理業務は管理会社がしてくれる。
(自主管理の場合は所有者共同で管理業務を担当します)
○ 開口部が一戸建てより少ないので戸締まりが簡単。
○ セキュリティシステム付のマンションもあり安心。
○ 温泉、スポーツジム、ホテル並みのフロント機能など共用施設が充実したマンションもある。
○ 利便性がよい立地のマンションが多い。

× 管理費・修繕積立金の月額コストが必要。
× 車庫確保や費用が問題になるケースが多い。
× ペット飼育の可否や大きさ、頭数の制限がある。

<一戸建ての特徴>

○ 自分の好みにあわせて住宅を建てることができる。
○ ペットの飼育やリフォームは自由にできる。
○ 自分の都合だけで、建て替えや修繕をすることができる。
○ 開口部をマンションより多く確保できるので、採光や通風がよい。
○ 駐車場を設けることができる。
○ 管理費や修繕積立金などの月額コストがかからない。

× 共用施設等がない。
× 屋根や外壁の修繕などを全額自分で負担しなければいけない。
× セキュリティ等は自己管理しなければならない。

 

以上のように、それぞれに一長一短があります。
上記の中から、絶対譲れない条件、妥協できる条件は何なのかを考えてみるといいでしょう。

  • Facebook
  • このエントリーをはてなブックマークに追加