取り壊される住宅

空き家を解体! 跡地で始める土地活用

  • Facebook
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

空き家を放置すると、維持費がかかるだけでなく、家の状態も悪くなってしまいます。さらに、国が空き家対策に乗り出すために空き家対策特別措置法を施行したことから、特定空家等に指定されるとペナルティが課されるようになりました。これにより、空き家を解体して更地にしようと考えている方もいるのではないでしょうか。ここでは、空き家対策の1つとして、土地活用を行うメリットや活用の方法などについてご紹介します。

なぜ土地活用がいいの?

セットバック面積があると土地面積が減る!

空き地を有している方に勧められている土地活用。なかには「土地活用って何?」、「最近なぜ土地活用が推奨されているのか」と思われている方もいるかもしれません。

土地活用とは、更地、遊休化した工場などといった未利用地をより有効に活用することをいいます。活用の仕方は人それぞれで、現在多くの土地所有者が行っています。空き家対策にも効果的な方法です。

 

そんな土地活用の魅力でまず挙げられるのが、収入面です。どんな活用方法でも定期的に収入が入るので、一定額の副収入を得ることができます。

このほか、地域貢献になることも挙げられます。駐車場や自動販売機、商業施設などその土地に足りないものを土地活用で補うことにより、地域そのものにメリットをもたらすこともできます。

ほかにもさまざまなメリットがあり、これらは土地活用の方法によって変わります。

土地活用の方法とは?

コインパーキングの画像

土地活用には、アパート経営やロードサイド店舗など複数の活用方法があります。そのなかでも以下では、土地のまま活用することができる方法をピックアップし、具体的にご説明していきます。

 

・月極駐車場

空き地を駐車場にして活用する方法です。数ある土地活用のなかでも投資にかかる費用を比較的抑えることができるので、低コストで始められる点が特徴です。くわえて、砂利などの状態で活用することができる点や一定以上の周辺人口があれば安定した収入が見込めるという点も魅力的なポイントです。

砂利などの状態でももちろんOKですが、アスファルト舗装をしたり駐車場の上に屋根をつけたりするとさらに空車リスクを減らすことができ、地域内のほかの駐車場と差別化することも実現できます。

 

・コインパーキング

コインパーキングの場合、土地を駐車場に変える費用を全てコインパーキング運営会社に賄ってもらうことができます。そのため、アスファルト舗装など駐車場化にかかる費用が地主にかかることはありません。つまり、高い初期費用をかけずに土地活用を始めることができるのです。このほか、コインパーキングを行う場合、運営会社が一括借り上げすることが多いため、利用状況に左右されず一定の収入を得られるという点があります。

 

・自動販売機設置

自動販売機設置なら、コインパーキングと同様、設置にかかる費用を全て設置会社に負担してもらうことが可能です。なおかつ、設置後に行わなければいけない飲料の補充や空き缶などのゴミ回収も全て設置会社に行ってもらうことができます。地主は月々の自動販売機の電気代を負担するのみで、そのほか運営に関わることはほとんどありません。月にかかる電気代も2,000~4,000円程度なので、比較的軽い負担で空き家対策を行い、収益を手に入れることができます。自動販売機設置は、人通りの多い場所や生活道路沿いに空き地を有している方に適しています。

 

このように、空き家対策に効果的な土地活用は、所有する土地のタイプや自らの希望に合わせて最適な方法を選ぶことができます。地主に負担がかからない活用方法もあるので、対策を行いたい方はぜひご参考ください。

最後に

いかがでしたか? 土地活用の方法には上記のようにさまざまなものがあります。自分のメリットになるのはもちろん、地域にとってのメリットにもなります。空き家を解体した後の跡地をどうしようか考えている方や、空き家対策を行いたいと考えている方は、こうした方法も検討してみることをおすすめします。

 

  • Facebook
  • このエントリーをはてなブックマークに追加