木材の上にあるおもちゃの家

注目される取り組み! “空き家バンク”で目指す地域の活性化

  • Facebook
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

空き家対策特別措置法の施行により、空き家を放置したままにすることができなくなっています。今後管理し続ける予定がないのであれば、早めに売却することが得策だといえます。そこで活用していきたいのが、“空き家バンク”と呼ばれるシステムです。このページでは、空き家バンクの仕組みやメリットについて解説していきます。

空き家バンクとはどんなものか

家の模型を持って考え込んでいる女性

そもそもこれはどのようなシステムなのか、よく知らないという方も多いのではないでしょうか。空き家バンクは、簡単にいうと使用していない物件の売却・貸出希望をしている管理者と居住希望者をマッチングし、空き家の活用に役立てるためのシステムのことです。空き家の増加に伴うさまざまな問題に悩む地方自治体で、このシステムを取り入れているところが増加しています。

 

空き家バンクでは、webサイトを通じて物件情報(外観、間取り、住所、築年数、面積、補修の可否など)が物件の管理者によって登録されます。居住希望者は、インターネットを通じて専用サイトに登録し、自分に合った物件情報を探すという仕組みになっています。こうした面をみると、空き家バンクのシステムは物件情報を掲載する不動産管理のホームページに近いといえます。不動産会社が運営・管理するwebサイトとの大きな違いは、営利目的ではないという点です。空き家バンクは自治体によって運営されているシステムなので、営利目的で運営されているわけではありません。したがって、物件の売却希望者が利用する際、特別な費用は必要ありません。

空き家バンクの目的

家の中を見学する女性とスーツ姿の男性

地方では空き家が増加するとともに、そのまま放置されて景観が悪くなる、人口が減少して消費活動が減るなどの問題がよくみられています。そんなケースを受けて生まれたのが空き家バンクです。しっかり管理されていない、入居者がいない物件がそのまま放置されると、衛生面や防犯面に問題が発生し、周囲の景観も損なわれてしまいます。また消費が減るため、商店や交通機関が減少してしまい、さらなる人口減少を招く問題もあります。空き家バンクはそうした事態を防いで物件を有効活用し、今まで知られていなかった物件の情報を広くアピールすることで、使われていない住宅の活用を促すためのシステムとなっています。

空き家バンクを利用することのメリット

OKサインをしている黄色いエプロンの女性

空き家バンクを利用すると、具体的にはどのようなメリットがあるのでしょうか。自治体と物件の管理者、移住希望者それぞれにメリットがあります。

 

まず、地方自治体は物件の有効活用を促進でき、また外部からの移住も促せて地域の活性化に繋げることができます。次に、物件の管理者は自治体の力を借りて、多くの居住希望者や利用希望者に物件情報をアプローチすることができます。最後に、物件の利用希望者は不動産のサイトに掲載されていない物件情報を詳しく知ることができるというメリットがあります。

 

空き家所有者にはこんなメリットも

物件を売却したいと考えている方には、前述したメリット以外にも嬉しいメリットがあります。それは、利用することにより補助金が受けられるという点です。補助金の種類は各自治体によって異なるものの、一定の基準を満たせば売却希望者にとって非常に有意な取引になります。

 

たとえば、物件内の修繕費が補助されるケースがあります。限度額を上回らないのであれば、トイレや浴室、台所、壁や床といった生活スペースの修繕費が補助されます。また、家財道具の廃棄や運搬にかかる費用が補助されるケースもあります。くわえて屋内の清掃にかかる費用を補助してもらえる場合もあるので、費用を抑えつつ物件の価値を高めて入居希望者へアピールすることができます。

最後に

いかがでしたでしょうか。空き家バンクを利用することは、有利に物件を売却することに繋がるだけでなく、地域貢献にも繋がります。物件の売却を考えている方は、この機会に地元の自治体の空き家バンクに登録してみるのも1つの手段です。

  • Facebook
  • このエントリーをはてなブックマークに追加