空き家を高く売りたい! 押さえておきたい高値売却のコツ

  • Facebook
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

空き家対策特別措置法は、2015年5月26日に全面施行された法律です。この法律が施行されたことにより、空き家を売却して収益をあげようとする方もいるのではないでしょうか。ここでは、そんな方のために空き家を高く売るためのコツを紹介していきます。

空き家対策特別措置法とは

空き家対策特別措置法は、簡単にいうと空き家による周囲へのさまざまな悪影響(倒壊や住宅部品の飛散などによる被害や衛生上のトラブルなど)に対応するための法律です。これまでには、古くなった住宅の外壁が落ちてきて通行人に被害が及ぶ、実際に住宅部品の飛散によって大怪我を負うといった事例がありました。空き家対策特別措置法はそうした事態を防ぐために、市町村の空き家対策をバックアップする目的で制定されました。

 

この空き家対策特別措置法によって、「倒壊の恐れがあるなど安全上に非常に問題がある状態」、「適切な管理が行き届いておらず、景観を著しく損なっている状態」などとして、“特定空家等”に指定された場合、市町村から改善勧告がなされます。そうなると固定資産税の特例対象から除外されてしまうため、土地の固定資産税が最大で6倍にまで増額されることになります。結果的に税金の負担が増えることになってしまうので、建物の放置は避けなければなりません。

空き家売却の選択肢と、高く売るためのコツ

空き家対策特別措置法の施行によって、空き家を所有・管理するのには今まで以上に手間がかかるといえます。そのため、空き家対策の一環として住宅の売却を検討しているという方もいるのではないでしょうか。しかし、空き家に対しては「生活感がイメージしにくい」、「細かいところの汚れが気になる」という声があるため、高値で売るためにはちょっとしたコツが必要です。まず優先すべきなのは、建物の外観・内装をできるだけ清潔に保つということです。

 

購入希望者は、新しい生活の拠点として建物を見学しにきます。したがって、建物の状態はできるだけ明るく清潔で、整理整頓が行き届いた状態であることが望ましいといえます。室内の汚れや埃、水回りのカビなどは放置せず、こまめに清掃するようにしましょう。窓ガラスの汚れや家具の隙間の埃など、細かいところの汚れも気が付き次第掃除していくのがポイントです。購入希望者は、いつ見学にくるか予測できません。そのため、常日頃からこまめに建物を清潔にしていることが重要なのです。もちろん、内装だけでなく外観にも気を配る必要があります。建物周辺のゴミや邪魔になっているものを片付けるだけでも、建物全体が清潔な印象になります。

 

清掃する範囲が広かったり、不要品が多すぎたりする場合は、思い切ってハウスクリーニング業者や不要品処理の業者に依頼してみるのも手です。

空き家管理サービスを活用するという手も

前述したとおり、使っていない家を少しでも高く売るためには建物全体を清潔な状態で保つ必要があります。こまめな清掃や手入れ、老朽化対策などを行うことは、建物の価値を高めるのに非常に有効です。しかし、「遠方に住んでいて頻繁に建物の手入れができない」、「忙しくて掃除に十分な時間が取れない」というケースも考えられます。そういった方は、空き家管理サービスを利用しましょう。

 

空き家管理サービスとは、専門の業者に建物の管理清掃や屋内外の巡回チェック、部屋の換気、庭木や雑草の状態確認、雨漏りや水回りの確認などを行ってもらえるサービスのことです。月に1回から契約しているという業者が多く、月額費用は内外部の巡回・清掃で10,000円前後となっています。外部のみの巡回になると5,000円程度が相場になっているようです。

 

この空き家管理サービスを利用すれば、遠方から毎月1度足を運ぶよりも手間や負担がかかりません。

最後に

空き家問題をいち早く解決し、効率よく利益を得るためには、前述したコツが必要です。建物の価値を少しでも高めるためにも、空き家管理サービスのようなプロのサービスも上手に活用していくことが大切です。

リブネス空き家管理サービスのご紹介

大和ハウスグループが空き家の活用方法に悩むオーナーさま向けに
空き家の防犯・管理・不動産活用を全国一律料金でサポートするサービス
「リブネス空き家管理サービス」についてはこちら

https://www.jyutaku.co.jp/akiya/

  • Facebook
  • このエントリーをはてなブックマークに追加