青空と一戸建て

空き家は治安悪化を招く? 空き家率と犯罪率

  • Facebook
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

空き家を放置していることで、治安悪化を招く恐れがあるということをご存じでしょうか。街の景観を損ねるだけでなく、場合によっては犯罪に利用される恐れもあるのです。

今回は、空き家を利用して行われる犯罪についてご紹介します。また、空き家対策として制定された“空き家対策特別措置法”と、その対策に有効な“リブネス空き家管理サービス”についても併せてご紹介します。

放火や薬物栽培……空き家を利用した犯罪とは?

火事

 

空き家を利用して行われる犯罪として、まず“放火”があげられます。平成27年に消防庁から発表された資料によると、出火原因の第1位は放火となっています。総出火件数43,741件のうち放火は4,884件で、これは全体の11.2%を占めていることになります。また、“放火の疑い”の3,154件を足すと、全体の18.4%を占めることになります。つまり、およそ5件に1件は、放火あるいは放火の疑いにより火事が発生していることになるのです。

 

空き家は、放火犯に狙われやすい建物です。なぜなら、人の出入りがほとんどないため放火に入っても気づかれにくく、また管理不十分により枯草やゴミなどが散乱していることが多いからです。さらに、門扉がなかったり、玄関ドア・窓が施錠されていなかったりする空き家だと、放火のリスクはより高くなります。

 

放火のほかにも、空き家を利用して行われる犯罪には“薬物栽培”があげられます。平成26年には、外国人と日本人の4人グループが空き家を利用して大麻の大量栽培を行っていたというニュースが報道されました。3軒の民家を大麻工場に改造し、およそ530株の大麻草や、およそ6.1キロもの乾燥大麻を作っていたといわれています。また、同様のニュースは平成27年にも報道されており、外国人2人組が逮捕されました。こちらは2軒の民家を大麻工場に改造し、およそ279株の大麻草や、およそ100グラムの乾燥大麻を作っていたといわれています。

 

以上のように、空き家を放置していると放火や薬物栽培といった犯罪に利用される恐れがあります。

放火によって害を被るのは、空き家を放置していた自身だけではありません。火事の規模によっては、周囲にまで火の手が迫ることになります。薬物もまた然りで、乱用した人間が周囲へ危害を加えたり、周辺で売りさばいたりなどして治安悪化を招く恐れがあるのです。

“空き家対策特別措置法”の対象となる可能性がある

崩壊する家

 

空き家対策特別措置法とは、空き家問題の打開策として制定された法律です。空き家の増加は周囲へ悪影響を及ぼす恐れがあると危惧し、その被害を未然に防ぐために制定されました。空き家対策特別措置法の具体的な目的としては、“地域住民の生命、身体又は財産を保護する”、“空家等の活躍を促進する”などがあります。

対象となるのは、“特定空家等”のみです。特定空家等とは、衛生上や保安上の理由で、周囲に被害を及ぼす恐れがある空き家のことを指します。したがって、特定空家等に指定されていない空き家であれば、空き家対策特別措置法の適用を受けることはありません。

 

空き家対策特別措置法の適用を受けると、空き家の所有者は解体や修繕、立竹木の伐採といった助言・指導を受けることになります。その後も改善が見られなければ勧告、命令を受けることになり、最終的に強制執行を受けることになります。また、勧告を受けると固定資産税の優遇措置を除外されることにもなります。これにより固定資産税が増額するなど、金銭的リスクを負うことになるため要注意です。

 

空き家対策特別措置法の対象にならないためには、自身が所有する空き家をしっかり管理する必要があります。そのためには定期的な巡回が必須となりますが、なかには事情により巡回が難しいという方もいるのではないでしょうか。その場合、売却を検討するのもひとつの手ではありますが、何らかの事情により「絶対に手放したくない」という方もいるかもしれません。そんな方に適したサービスが、“リブネス空き家管理サービス”です。

 

リブネス空き家管理サービスは、月1回のペースで空き家の巡回を始めさまざまな作業をしてもらうことができるサービスです。たとえば、屋内の換気や簡単な清掃、庭木や雑草のチェック、ポスト整理などを行うため、無人のまま空き家を管理することができます。また、水漏れや雨漏りなどのチェックも行うため、建物の安全性の確保にも有効です。なお、屋内外を巡回したあとは、その様子を写真付きで報告してもらうことが可能です。

最後に

空き家を放置しているだけで、犯罪のリスクを高め、地域の治安悪化を招く恐れがあります。また、空き家対策特別措置法により自身もさまざまなリスクを負うことになります。そのため、心当たりのある方は、リブネス空き家管理サービスを利用するなどして早急に空き家対策を始めることが適切です。

リブネス空き家管理サービスのご紹介

大和ハウスグループが空き家の活用方法に悩むオーナーさま向けに
空き家の防犯・管理・不動産活用を全国一律料金でサポートするサービス
「リブネス空き家管理サービス」についてはこちら

https://www.jyutaku.co.jp/akiya/

  • Facebook
  • このエントリーをはてなブックマークに追加