木々の後ろにある一戸建て

空き家トラブルで生じる? 近隣住民からの損害賠償請求

  • Facebook
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

空き家を所持している方のなかには、「どう管理すればいいのかわからない」と考えて空き家を放置している方もいるのではないでしょうか。しかし、空き家の放置はさまざまなトラブルに繋がります。空き家の倒壊などで近隣住民に損害を与えた場合、損害賠償を請求されるケースもあります。ここでは、空き家の放置による損害賠償のケースや、空き家管理サービスなどの活用による対策をご紹介します。

空き家の放置は法的リスクを生む

頭を抱える女性

 

放置した空き家の老朽化が進み、台風などで屋根が飛んだり庭の樹木が倒れたりして、近隣の住宅に被害を与えるケースがあります。こうしたケースでは、民法第717条にて定められている“土地工作物責任”のもとに、修繕費などを請求されることがあります。この“土地工作物責任”とは、家屋などの敷地に保存・設置されている工作物の安全管理が行き届いておらず、それによって第三者に損害を与えた場合に工作物の占有者が賠償責任を負う規定です。

 

民法第717条が適用されたケースとして、広島県で起こった事例があげられます。この事例では、豪雨によって地盤が緩んだことで石垣の崩壊が起こりました。その結果、隣接する木造平屋が全壊し、裁判に発展しました。このとき広島地方裁判所が出した判例は、「石垣の全面的補修を行っていれば崩壊を防ぐことができた可能性があった」というもの。石垣所有者の工作物保存の瑕疵を認め、建物の損害賠償費110万円を含む総額364万円の賠償金が認定されました。このケースは空き家に関する事例ではないものの、空き家を放置して周囲に被害が出た場合には判例同様の責任を問われる可能性があります。

 

空き家の倒壊などによって第三者にケガを負わせた場合、さまざまな賠償責任を負うことになります。具体的には、被害者の治療費や入院費など各種の費用を負担する義務が発生します。また、被害者が通院や入院によって業務を休まねばならなくなった場合は、休業損害などの賠償金も支払うことになります。被害者にケガを負わせてしまったこと、入通院させてしまったことに対する慰謝料も請求されるので、賠償責任は重大なものになります。

 

空き家を放置することで起こりうる事故はさまざまです。住宅自体の倒壊のほか、ガラスの飛散や庭木の倒木などにより、近隣住宅を破損させたり、近隣住民にケガを負わせたりする可能性も十分に考えられます。空き家の放置による損害賠償トラブルを事前に避けるためにも、空き家管理サービスなどを活用し、空き家を適切に管理していくことが大切です。

空き家管理サービスで空き家の管理を行き届かせる

親指を立てる男性

 

「空き家の所持者が遠方に住んでいる」、または「時間がなかなか取れず、空き家をこまめに管理できない」という方には、“空き家管理サービス”の利用が適しています。空き家管理サービスとは、不動産業者に空き家や空き家周辺の見回り、簡易清掃などを行ってもらえるサービスのことです。

 

空き家管理サービスでは、まず空き家の屋内外を巡回し、目視で各部の異常を確認していきます。次に、郵便受けの郵便物の整理を行います。このとき、別途料金を支払えば郵便物を転送してもらうことができます。また、庭木や雑草の確認をし、剪定・除草の必要があるかどうかもチェックします。ここでも、別途料金を支払えば剪定、除草を依頼することができます。これらのほか、空き家管理サービスでは屋内の通風・換気や、床の乾拭き、吸塵などの簡易清掃などのサービスも行っています。

 

サービスの頻度は各業者によって違いがありますが、一般的には月1回からサービスの利用を申し込むことができます。空き家を放置してさまざまなトラブルを引き起こす前に、こうしたサービスを賢く利用して空き家管理に役立てることが大切です。

最後に

「管理が面倒だから」、「どう活用していいかわからない」という理由で空き家を放置していると、損害賠償にまで発展する事故を引き起こしてしまうことがあります。そうなれば自分自身だけでなく、近隣の方にも多大な迷惑がかかります。そうなる前に、業者による空き家管理サービスなどを活用し、事故を未然に防ぐ対策を練りましょう。

リブネス空き家管理サービスのご紹介

大和ハウスグループが空き家の活用方法に悩むオーナーさま向けに
空き家の防犯・管理・不動産活用を全国一律料金でサポートするサービス
「リブネス空き家管理サービス」についてはこちら

https://www.jyutaku.co.jp/akiya/

  • Facebook
  • このエントリーをはてなブックマークに追加