後悔のない家づくりのために!VR×建築が生み出す可能性

  • Facebook
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ゲームやエンタメで認識され始めた“VR(バーチャルリアリティ)”ですが、今では医療・軍事・教育などさまざまな分野で活用されています。そして、建築・不動産業界でも、VRの活用が少しずつ広がり始めています。

 

そこで今回は、「VR×建築が注目される理由」や「VRによって実現できること」について、一級建築士事務所、ユニオン設計株式会社・代表取締役・大森 敞彦さんと、建築設計土木向けVRデザインレビューツール「SYMMETRY(シンメトリー)」を提供するSymmetry Dimensions Inc. (シンメトリー・ディメンションズ・インク)の代表・沼倉 正吾さんに、詳しく伺いました。

思いが反映された建物に。建築・不動産業界でVRが活用される理由

 

「VR」とは、主にヘッドマウントディスプレイと呼ばれるゴーグルのようなデバイスを装着することで、コンピュータによって作られた仮想空間に入り込める感覚を得られるものです。ゲームなどで実際に体感したことのある方も多いかもしれません。

 

2年ほど前から、VRは建築の分野でも活用されるように。というのも、ヘッドマウントディスプレイに使われる液晶がスマートフォンと同じもので、スマートフォンの普及によって液晶の値段が安価になったからだといいます。また、コンピュータの処理速度の進化も、建築へのVR活用を後押ししました。

 

これまで建築士は、提案書と透視図であるパース・模型を用いて、これから建てる建物のイメージを施主(建築工事などの発注者)とすり合わせていました。しかし図面や模型だけでは、施主が完成形を正確に思い描きづらいという難点がありました。また、作業の手戻りが起こることや、建てた後に「天井をもう少し高くしておけばよかった」「もう少し広くすればよかった」などの後悔の声が施主から聞かれることもあったそうです。

 

では、VRを活用することによってこのフローがどう変わるでしょうか。沼倉さんはVRの活用方法とメリットについてこのように語ります。

 

「VRを活用すれば、建物の完成形をVR空間内に再現することができます。そして、施主様も完成形の中に入って、建築に取り掛かる前に内観や外観の確認・検証を行うことが可能になります。すると、『もっとこうしたい』といった要望を具体的に伝えられるようになり、お互いの意見のすり合わせをしやすくなります。そして、結果的に施主様の思いが反映された建物を建てやすくなるのです。

 

B

 

VRは専門知識を持つ建築士と持たない施主間に生まれがちだったイメージの溝を、埋めてくれる存在なのです。

VRツールを実際に体験!簡単操作で誰もが建物の世界に入り込める

せっかくなので、実際にVR×建築の世界を体験させてもらうことにしました。活用したのは、建築設計土木向けVRデザインレビューツール「SYMMETRY(シンメトリー)」です。3DCADデータを入れると自動的にVRに変換されるしくみで、下記のようなヘッドマウントディスプレイを装着すると、そのVR建物の世界に入り込むことができます。

 

C

 

 

VR空間内に入ったら少し離れたところから建物の外観を見たり、建物の中に入って歩いたり、周りを見回したりすることもできます。

 

D

 

シンプルなコントローラーを持って操作するのですが、「あっちの部屋に行きたい」と思ったら行きたい方向へリモコンを向けてボタンを押すだけで瞬間移動が可能。自分の目線で建物の中を歩くことができるので、天井の高さやカウンターの高さなどがちょうどいいかどうかも確認できます。

 

また「SYMMETRY」には、いくつかのメニューが搭載されています。たとえば、「Measure」の機能を使えば、任意の2点間の距離や柱の長さを測ることができます。

 

E

 

他に、24時間の採光シミュレーションができる「Daylight」、VR空間内で写真を撮影できる「Camera」などの機能も。「Camera」で撮影したデータを用いて、チーム内で空間イメージを共有することなどもできます。また、便利なのが「Markups」の機能。音声メモなどのツールを使い、VR空間内にデザインの修正指示を残すことができます。こちらは、翻訳にも対応しています。

 

F

 

実際に「SYMMETRY」を体験してみて思ったのは、想像以上にリアルな空間が目の前に広がること。そして何より、初めてVRに触れる人でも5分程度で全体の機能を覚えられるほど、操作がシンプルだということです。

 

「建築士さんはもちろん、その先にいる施主様にとって使いやすいツールでなければいけないので、簡単に使える点は重視しています。今後はコントローラー不要で音声指示だけで操作ができるような、よりシンプルなものにしていこうと思っています。」(沼倉さん)

 

G

 

VRツールのメリットを今まさに実感しているのが、「SYMMETRY」の活用を始めた建築士の大森さんです。

 

「建築士の立場から見たVRのメリットは、施主様との齟齬を無くすことができる点です。複数人で同時にVR空間に入れるので、施主様と同じイメージを共有しながら『高さはこれくらいで大丈夫ですか?』などと確認ができて便利ですね。また、話し合ったことや修正指示を音声メモで残しておける点も非常に助かります。」

 

ちなみに、「SYMMETRY」というサービス名は、「アイデアや希望を、鏡に映すように相手にそのまま伝える」という由来からだそう。まさにサービス名通り、建築士と施主間のイメージ共有と意見交換を円滑にするツールだと感じました。

VR建築ツールが変える、建築士と施主間のコミュニケーション

 

「SYMMETRY」のようなVRツールの活用は、建築士の作業工数削減にも寄与すると沼倉さんは話します。

 

「建築士の方は、提案書作成など施主様への説明用の準備に6〜7割の時間を費やしています。この部分を少しでもVRツールで代替できれば、施主様とのコミュニケーションにより多くの時間を割いていただくことができるでしょう。そうすれば、理想の建物を建てるための話し合いに集中できるようになると思うのです。」

 

一方で、大森さんも、VRツールの登場によって自身の役割が変化することを実感しているといいます。

 

「ツールが多くのことを代替してくれるようになったら、私たち建築士の負担が減る反面焦ります。よりクリエイティブな提案をしなければいけないですし、施主様の思いをしっかりと汲み取って反映させるような、生身の人間にしかできないコミュニケーション能力を磨いていかなければと思います。本来あるべき設計者の姿をVRの技術によって実現させる使命を与えられた感じですね。」

 

I

 

建築業界におけるVRの活用は始まったばかり。広く普及するには、もう少し時間を要するそうです。普及とともに進化するであろうVRツールは、まだまだ多くのことを実現できると、沼倉さんはビジョンを語ります。

 

「女性は、服を買うときも裏地をしっかり確認するように、『感触』を大事にする傾向があります。だから、木やガラスなどの手触りも体験できるようにしたいですね。VRツールで体験できることが増えれば増えるほど、理想の空間を描きやすくなると思うので。」

 

マイホームを持つとき・お店を開くとき・新しい商業施設をオープンするとき、施主はいつもわくわくしながら理想を描いています。イメージを具現化しコミュニケーションを補助してくれるVRツールを活用すれば、これまで以上に建築が身近になり楽しくなるのではないか。そんな期待を持つことができました。

 

 

 

ユニオン設計株式会社 一級建築士事務所 代表取締役 大森敞彦
<プロフィール>
1979年創業以来、大阪を中心に建築設計、開発申請などを手がける。
2015年に「ユニオン設計株式会社」として法人化。
従来の設計業務に加え、2012年に「株式会社さくら事務所」の関西エリア担当としてホームインスペクション業務を、2018年より建築分野のVRソフト「symmetry」の販売を開始するなど、「建築技術の総合笑社」を目指して、専門分野ごとに腕利きの技術者と協業しながら業務の幅を広げている。

<URL>
https://union-ao.co.jp/

 

Symmetry Dimensions Inc.  代表 沼倉正吾
<プロフィール>
1973年東京都生まれ。2014年にVRソフトウェア開発に特化したSymmetry Dimensions Inc.(旧社名:DVERSE Inc.)を米国に設立。同社CEO。アイデア・イメージを共有し合意形成を加速させるビジネス向けVRソフト「SYMMETRY(シンメトリー)」を開発している。
EY Innovative Startup 2017、WIRED Audi INNOVATION AWARD 2017受賞、他。

<URL>
https://symmetryvr.com/jp/

  • Facebook
  • このエントリーをはてなブックマークに追加