省エネ住宅ZEHとIoTから生み出される住宅のカタチ

  • Facebook
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

これからの住まいは、省エネとIT化がキーワードとなります。
各企業がインターネットを使った仕様を開発する中、これからの賢い住まい方をみていきましょう。

これからのトレンド、ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)

 

まずは、今後の住宅における専門用語について確認しましょう。

 

・ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)
年間の一次消費エネルギー量「空調・給湯・照明・換気」の収支をプラスマイナスゼロにする住宅のこと。

 

・IoT(Internet of Things
「モノのインターネット」と言われている考え方。住宅分野で言えば家電や設備機器などにインターネット通信機能を持たせることによって、自動認識や遠隔操作などをおこなうこと。

 

HEMS(Home Energy Management System)
住宅の設備機器を通信ネットワークで結び、省エネや二酸化炭素削減を目指すシステムのこと。

 

スマートハウス
ITを使って、住宅内の照明・調理器具・エアコンなどの電気やガスをエネルギー源とする機器を制御し、省エネと二酸化炭素削減を実現する住宅のこと。これからのスマートハウスは省エネに留まらず、創エネとして太陽光発電やガス発電のエネファームなど家庭でエネルギーを創り出せる住宅になる。

 

ZEHで今後重要になるのは発電した電力を蓄電池にためて、発電できない夜間に電力を買うこと無く蓄電から電力供給できるオール電化です。一部のハウスメーカーでは電気自動車のバッテリーを蓄電池代わりに使用することで、災害時にもライフラインを生かせるようにしています。

 

現在、蓄電池の価格は高く、技術も十分に広がっていません。しかし、蓄電池の価格・技術が一般的になればIoT家電が目覚ましく普及しスマートハウスも当たり前になるでしょう。

IoTの始め方 はAIスピーカー(スマートスピーカー)から

 

私たちが一番簡単に始められるIoTは、AIスピーカー(スマートスピーカー)による家電の操作だと思います。Google HomeやAmazon EchoといったAIスピーカー(スマートスピーカー)の登場をきっかけに、IoTは一躍注目を集めました。

 

既に操作が可能になっている家電・設備機器をはじめ、今後期待されている機器は次の通りです。

 

・建材、設備機器関係
玄関ドア鍵、サッシ鍵、シャッター、カーテン、電灯、セキュリティシステム・カメラ、ロケーションフロア、床暖房、浴槽の湯張り、宅配ボックス など

 

・家電
テレビ、エアコン、冷蔵庫の内容物管理、電気ポッド使用での生存確認、電子レンジ・オーブン・炊飯器の自動調理、トースター、ロボット掃除機、洗濯機、血圧計、体重計 など

 

このほかにも床材の内部に圧力センサーを埋め込み、人が「床のどの部分をいつ踏んだか」をリアルタイムで可視化できるというものもあります。このようなIoTは、介護面や防犯面と幅広い使用が期待されています。

 

上記すべてを取り入れたい人もいれば、不必要な機能もあったりします。これからは人がそれぞれ必要な機能を選ぶようになり、各家庭によって住まい方が分かれる時代です。もしかすると幼少期からのIoT環境の違いで、結婚後の「生活の不一致」という問題が生じる可能性も考えられます。

 

また、スーパーのレジでも機械化が進んでいます。しかし、なかには対人の通常レジを好む人もいます。このようなことから、デジタルかアナログかの好みはこれからのライフスタイルに大きく影響を及ぼすでしょう。

便利なスマートハウスに潜むハッキングの危険性

 

インターネットを通じて住宅内の設備機器などを操作できるスマートハウスは、近未来のライフスタイルのような便利な存在です。しかし、危険な側面も出てくるでしょう。
ひとつは、ハッキングによって玄関ドアなどが開けられるケースが考えられます。実際に最近自動車のスマートキーをハッキングして盗難する「リレーアタック」が増えています。

 

また既に起きている問題として、高齢者が音声認識のAIスピーカー(スマートスピーカー)を起動するキーワード(「OKグーグル」や「アレクサ」など)を忘れて指示ができないことが挙げられます。口癖の「おい」とか「オマエ」で作動するように設定すれば解決できますが、そもそも家電や設備機器の初期設定を誰がやるかといった問題も出ています。

 

一方で、寝たきりの方や子育てで手が離せない方にとって、音声認識で家電や設備機器を操作できることは今後必須になってくるでしょう。
例えばIoTトイレでは、便器内に取り付けたセンサーで排尿の情報を計測し、トイレ室内に設置したデバイスから尿のデータをクラウドに送信できます。このように、高齢者や障がい者の排泄から健康状態を読み取り、健康管理をすることができるのです。

 

マンションにおいては、共通の仕様になったりオプションで選択肢が限られたりすると思いますが、戸建ての注文住宅においてはさまざまな選択ができるので検討してみてはいかがでしょうか。

 

 

気象の変化に伴う室内環境の調整をIoTによって行われるようになると、無駄なエネルギー消費や二酸化炭素排出を減らせ、地球環境問題の進行を抑えられるかもしれません。
そして省エネ化された住宅とデジタル(IoT)との相性の良さからスマートハウスが今後も増えてきます。デジタル(IoT)を上手に取り入れつつ、アナログとのバランスを取りながら自分らしい暮らしを目指しましょう。

 

 

 

執筆者:斎藤 進一
一級建築士
大手ゼネコンで施工管理を経験し、ハウスメーカー系工務店で設計・施工を経験。高齢者・障害者のバリアフリー住宅の専門家が当時居なかったことから2004年に「やすらぎ介護福祉設計」を創業する。
URL:https://profile.ne.jp/pf/yasuragi/

  • Facebook
  • このエントリーをはてなブックマークに追加