考え込んでいる黄色い服の女性

「住まいの価格」はどうして決まる?

  • Facebook
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

不動産はどういうふうに価格をつけるのか?
よくお客様からも質問されます。
では、不動産の価格をどのように算出するのかご紹介しましょう。
不動産の価格を算出することを一般に「査定」といいます。
査定には、対象不動産の現地調査をして算出する「訪問査定(本査定)」と「簡易査定(概算査定)」の2種類があります。
簡易査定は、対象の不動産について周辺の売却事例等を集め、その情報をもとに机上で算出するので、机上査定ともいいます。簡易査定は、実際の不動産を見ていないので、本査定をした場合、その「価格」に差がでることもあります。
査定価格を算出する方法としては、次の3つの方法があります。

1、収益還元法

「収益還元法」は、家賃やテナント料がとれる不動産に対して収益性をもとに不動産の価格を算出します。
ですから、一般に皆さんが所有されているマイホームでは家賃等がないのでこの計算方法を使いません。

2、原価法

「原価法」は、その不動産の現在の再調達原価を求め、その価格に対して償却率を加味して算定します。
新築マンションなどの建物価格がはっきりしている不動産や建物の価格算定に用います。

3、取引事例比較法

「取引事例比較法」は中古住宅など仲介の査定に一番使われる計算方法です。
対象となる不動産の近隣で取引をされた売却事例を多数収集し、比較して査定価格を算出します。
不動産の条件はもとより、そのときの取引条件(売却を急いでいたとか…)や経済事象も事情補正して算出します。

当社では既存住宅やマンションの査定の場合、現地を確認の上、
調査を行い、主として上記の「原価法」や「取引事例比較法」にて査定をさせていただきます。

 
「売れる」価格=「流通価格」とは?
実際にお客様が購入された価格が正確な「流通価格」です。
不動産は個別性が強いので、全く同じ不動産はありません。
したがって、絶対的に正しい「流通価格」を算出する査定方法もありません。
あくまでも「査定価格」は「参考売出価格」としてお客様に提案するものです。
お客様が売却を依頼するとき、どの不動産会社に依頼すればいいか悩みますよね?
そんなとき「査定価格」が一番高い会社に…と思うのは当然の心情ですが、
しかし、その「査定価格=参考売出価格」があまりにも「流通価格」とかけ離れていたら…?
「売れなくて困る」のはお客様となってしまいます。

 
<売却を依頼する会社を決めるときは>
「査定価格」算出の根拠や、資料等が十分に納得のいくものか、きっちりとした販売計画が立てられているか?など、お客様ご自身がちゃんと理解できるように説明できているかで、選びましょう。

 
お住まいの調査、査定、販売活動の流れをご説明!

「売却の流れ」はこちら

  • Facebook
  • このエントリーをはてなブックマークに追加