ストップと呼びかける女性

そのリフォーム待った! 不動産売却の失敗を避けよう

  • Facebook
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

不動産売却を考えている場合、少しでも高く売りたいという願望があります。そのため、リフォームをしたほうがいいのか、と悩む方もいらっしゃいます。“綺麗な住宅=高額売却“という認識を持っている方が多いためです。しかし、それが不動産売却の失敗に繋がってしまうこともあります。

 

ここでは、リフォームが売却に与える影響と、スムーズな不動産売却を実現するポイントをご紹介します。

リフォーム費用は売却代金に上乗せ、できない

2人の男性から耳打ちされる男性

リフォームは一見すると高額売却に繋がるように思えます。そのため、高い費用を投じて大規模なリフォームをしようと考える方は少なくありません。また、リフォームで高額な費用がかかっても、その費用を上乗せして不動産売却をすればかかった費用は回収できると考えてしまいがちです。しかし、リフォーム費用の売却代金への上乗せは、必ずしもできるわけではありません。仮にできたとしても、上乗せしてしまうことで、むしろ不動産が売れにくくなってしまうこともあります。

 

売却希望金額と実際の査定金額に差があると、スムーズな売却は実現できません。「リフォーム金額は上乗せすればいい」、「綺麗な住宅ならすぐに高額で売れるだろう」という考えは、逆に損をしてしまう可能性があります。なぜなら、不動産の査定額に大きく関係するのは築年数だからです。築年数が経過している物件の場合、リフォームが不動産の価値を引き上げることはありません。もしもリフォームを考えているなら、売却を依頼する不動産業者に相談してみてからでも遅くはありません。

購入希望者の本音

住宅の設計図を見ながら話し合う人たち

中古物件の購入希望者は、リノベーションを行うことを前提に物件を探していることが多い傾向にあります。リノベーションでは、間取りや内装を比較的自由に決めることができます。こうしたオーダーメイド感覚の自由さが、近年多くの人から注目されているのです。中古物件を購入してこうしたリノベーションを行う場合、新品のように綺麗であることよりも、値段が安いことが重要視されます。そのため、リフォームをしてその費用を売却金額に上乗せしていないほうが、むしろ購入してもらえる可能性は高いといえます。

掃除や簡易リフォームが最も有効

不動産売却の場合、大規模なリフォームは不要です。しかし、掃除や簡易リフォームなら売却に有効に働くことが期待できます。

 

・簡易リフォームのポイント

購入希望者が内覧をした際、劣化の印象を強く感じてしまうものはマイナスです。例えば、ボロボロの壁紙や破れたふすまなどは、築年数に関係なく古く傷んだ印象を与えてしまいます。また、傷や汚れが床や壁に広範囲に広がっている場合も同様に、マイナスの印象を与えてしまう可能性が高いといえます。簡易的なリフォームで傷や汚れの修繕を行うことで、購入希望者にプラスの印象を与えることができます。

 

・こまめに掃除をする

内覧の際の印象をよくするために、日頃から掃除や整理整頓をして最低限の清潔感を保つことが大切です。水回りは特に水あかやカビが目立ち、汚い印象を与えてしまいます。日頃からこまめに掃除をしておくことで、購入希望者によい印象をもってもらうことができます。

 

こうした掃除や簡易的なリフォームは安価に行えるため、経済的な負担が軽くて済みます。したがって、売りたい不動産に対して、買いたいと思わせることができる簡単で有効な手段といえます。

最後に

不動産売却をする場合には、適度な掃除や簡易リフォームをすることで、購入希望者に魅力的な物件だとアピールすることができます。そのため、高い費用を投じて大規模なリフォームをする必要はないのです。こうした疑問点や売却金額の希望に関しては、不動産の査定や売却を依頼する業者に相談しておくとスムーズに事を進めることができます。

 

不動産(マンション・一戸建て・土地)の売却をお考えなら、日本住宅流通にご相談ください。

  • Facebook
  • このエントリーをはてなブックマークに追加