木材に置かれた戸建をかたどる紙

どれがぴったり? 住宅売却の契約方法

  • Facebook
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

住宅などの不動産を売却する際、不動産会社と媒介契約を結ぶことが一般的です。媒介契約には3種類あり、契約方法によって得られるメリットが異なります。そのため、それぞれの契約について把握しておくことが大切です。ここでは、3種類の媒介契約の概要と、契約によって得られるメリットについてご紹介していきます。

媒介契約の種類

色とりどりの紙

不動産会社と結ぶ3種類の媒介契約には、それぞれに特徴があります。

 

・専属専任媒介契約

専属専任媒介契約とは、不動産会社1社だけに仲介を依頼する契約です。この契約を結ぶと、ほかの不動産会社に住宅売却の仲介を依頼することはできなくなり、契約を結んだ不動産会社が提示する売却先のみと取引を行うことになります。

 

契約の有効期限に関しては、最大で3ヶ月と定められています。媒介契約が成立すると、不動産会社は5営業日以内にREINS(レインズ)と呼ばれる不動産流通標準情報システムに登録することが義務付けられています。REINSに登録することで、購入検討者の目に止まる可能性を高めることができるため、早期の住宅売却が期待できます。加えて、1週間に1度以上は売主へと仲介業務の状況が報告されます。

 

・専任媒介契約

専任媒介契約とは、専属専任媒介契約と同様に不動産会社1社のみに仲介を依頼する媒介契約です。契約を結ぶと、ほかの不動産会社に住宅売却の仲介を依頼することはできません。ですが、専任媒介契約の場合、自分で探した買い手に住宅などの不動産を売却することができます。その際、不動産会社を介する必要はなく、個人で契約を結べるという特徴があります。

 

契約の有効期限は、専属専任媒介契約と同様に最大で3ヶ月です。また、媒介契約を結ぶとどちらもREINSへの登録が義務付けられています。しかし、これら2つの契約では、REINSへ登録するまでの日数に違いがあります。専属専任媒介契約の場合は、5営業日以内にREINSへ登録することになっていますが、専任媒介契約の場合は7営業日以内となっています。くわえて、2週間に1度以上は売主へと仲介業務の状況を報告してくれるシステムになっています。

 

・一般媒介契約

一般媒介契約とは、複数の不動産会社に同時に住宅売却の仲介を依頼することができる契約です。自分で買い手を探した場合は、不動産会社を介さずに不動産売却の契約を結ぶことができます。専属専任媒介契約や専任媒介契約とは異なり、契約に有効期限がなく、REINSへの登録義務もありません。加えて、不動産会社が依頼者へと仲介業務の状況を報告する義務もありません。契約方法には明示型と非明示型があり、明示型はほかにどの不動産会社と契約したかを“依頼した不動産会社”に通知する必要があります。それとは逆に、非明示型は通知する必要がありません。

 

一概に媒介契約といっても特徴は大きく異なります。それぞれの特徴を知り、自分に適した媒介契約を選ぶことが大切です。

それぞれのメリット

積み木で遊ぶ子ども

3種類の媒介契約には、得られるメリットに違いがあります。

 

・専属専任媒介契約を結ぶと

専属専任媒介契約のメリットは、高い確率で買い手を見つけることができるという点です。不動産会社は、買い手を探す期間に限りがあります。定められた期間内に買い手を探さなければ売買契約を仲介することができないため、販売活動に尽力し、結果として高い確率で買い手を見つけることができるのです。

 

・専任媒介契約を結ぶと

専任媒介契約のメリットは、好条件の買い手を探すことができるという点です。不動産会社は売却先を探しますが、その売却先よりも好条件で購入する買い手を自分で見つけられた場合は、その方と取引をすることができます。このように、専任媒介契約には“自己発見取引”が認められているため、より条件のいい買い手を探すことができるのです。

 

・一般媒介契約を結ぶと

一般媒介契約のメリットは、複数の不動産会社へ依頼できることに加えて、自己発見取引が可能だという点にあります。住宅売却の窓口を増やすことで、早期成約できる可能性を高めることができます。仮に依頼した不動産会社の販売活動が積極的でなくても、平行して他社も販売活動をしているため安心といえます。

最後に

どの媒介契約を結ぶかは、住宅売却を検討している売主の事情によって選択が変わってきます。自分に適した媒介契約を見つけるため、まずは3種類の媒介契約の特徴やメリットを知ることが大切です。納得して不動産売却を行うために、上記を参考にしてみてはいかがでしょうか。

 

不動産(マンション・一戸建て・土地)の売却をお考えなら、日本住宅流通にご相談ください。

  • Facebook
  • このエントリーをはてなブックマークに追加