家の前に立つ人

業者選びのコツを知り、事故物件を上手に売却しよう

  • Facebook
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

事故物件という言葉を聞いて、喜んで不動産の購入をする方は少ないといえます。それだけ事故物件には、負のイメージが染み付いています。もしも自分が所有する不動産が事故物件となってしまった場合、その不動産の価値が下がってしまうことは避けられないといえます。

 

事故物件となった不動産は、高値で売却することが困難となります。

不動産売買には、告知義務があります。不動産を売却するときに、売り主は事故物件であることを伝える必要があります。場合によっては、事故物件であることによって売却価格が大きく下がってしまうケースも考えられます。とはいえ、全ての不動産業者が事故物件の買い取りに消極的であるというわけではありません。今回は、そんな事故物件を少しでも高く売却するコツについてご紹介します。

そもそも事故物件とは?

窓

 

事故物件とは、過去にその物件内で大きな事故や事件が起こった物件を指します。事故や事件の度合いは、ニュースにならないものから全国区のニュースで流れるものまでさまざまです。

事故物件となってしまったとき、その不動産は売値が安くなり、賃貸の場合も賃料が安くなるというのが一般的です。「安いから」という理由で住みたいと考える方もいますが、多くの場合は「怖い」「幽霊が出そう」といった理由で敬遠されがちです。

 

事故物件は不動産である以上、固定資産税がかかります。もしも事故物件を納得の価格で売却できないとなると、住むか住まないかにかかわらず、不動産を所有し続けることになり固定資産税を支払い続ける必要が生じます。

事故物件を少しでも高く売却するためには

手に家の模型を持ち悩む人

 

負の側面が多いといえる事故物件ですが、売却後はその他の一般的な不動産に混じって販売されることになります。売却された事故物件の中には、リノベーションによって内部が大きく変化し、きれいな物件になっているということもあります。買い取り業者の中には事故物件というだけで断ったり慎重になったりするケースも考えられますが、快く事故物件を買い取る業者もあります。こうした点から、事故物件を少しでも高く売却するためには、業者選びが重要となります。

 

事故物件でも積極的に買い取る業者であるかどうかを見極める基準のひとつとして、宅地建物取引士の資格を有する従業員がどれだけいるかという点があげられます。不動産の取引に関して専門知識を有する宅地建物取引士が多く在籍していることで、それだけ信頼のおける業者であると判断することが可能です。資格を持っていない業者の場合、事故物件だからと必要以上に安い値段で買い取ろうとするケースも考えられます。

また、買い取りを依頼しようと考えている業者の所在地が、売却したい事故物件のある市区町村ではないことも重要です。物件と同じ市区町村で営業している業者の場合、起こった事故や事件について詳細に覚えている場合があります。そのため、物件の買い取りを懸念するケースも考えられます。

 

豊富な資金力を持つ業者を選ぶことも重要です。資金力が乏しい業者の場合、リスクを考えて買い取りを避けるケースが考えられます。資金が豊富な業者は即日に決済する場合もあり、売却を考えている売り主にとっても大きなメリットがあるといえます。

 

 

事故物件を少しでも高く売却したいと考えている場合、信用できる業者を選ぶことが大切です。売却を考えている業者の実績を調べたり口コミを参考にしたりすることが、高く売却するためのコツといえます。事故物件であるからといって、必ずしも売却が断られる、もしくは極めて安価で買い取られるというわけではありません。信用できる業者を選ぶことで、事故物件であっても適正な価格で売却することが可能です。

 

不動産(マンション・一戸建て・土地)の売却をお考えなら、日本住宅流通にご相談ください。

無料査定はこちらからお申し込みいただけます。

  • Facebook
  • このエントリーをはてなブックマークに追加