虫眼鏡で家の模型を見る女性

前もって知っておきたい! 価格交渉されやすい不動産の特徴

  • Facebook
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

不動産売却には、価格交渉がつきものといっても過言ではありません。しかし、売却される物件の特徴などによって価格交渉の難易度が異なります。不動産売却を行うのであれば、価格交渉の際にどのように対応するのかを事前に考えておくことが大切です。

 

そこで今回は、価格交渉されやすいといわれる不動産の特徴をご紹介します。

価格交渉されやすい不動産の特徴

家の模型の側で電卓を打つ様子

 

価格交渉のされやすさは、売却する物件の特徴はもちろん、周辺環境やタイミングなどによって異なります。売却時に価格交渉されやすい不動産としては、以下のものがあげられます。

 

・物件の築年数が長い

一戸建物件の建物評価は、築年数に比例して下がります。一般的に、築20年以上の建物になると、評価はかなり低くなってしまいます。したがって、築年数と照らし合わせて販売価格が高めに設定されていると、これを理由に価格交渉を持ち出される可能性が高くなります。

 

・複数の業者で募集している

効率よく買い手を探すため、複数の業者に依頼するケースがみられます。しかし、複数の売買情報サイトに掲載されている物件は、買い手に「購入者が見つからない物件=価格交渉に応じてもらえるかも」と思われてしまう可能性があります。そうなると、価格交渉を持ち出される可能性も高くなります。

 

・長期間売れ残っている

複数の業者で募集しているケースと同様に、「購入者が見つからない」という理由から、価格交渉を持ち出される可能性が高いといえます。さらに、売却をスムーズに進めるために、業者から値引きの話を切り出されることもあります。

 

このケースの場合、買い手が見つからない理由を改めて考えることが重要です。例えば、交通の利便性が低かったり、近隣に墓地があったりする不動産は、周辺環境が理由で買い手がつきづらいことがあります。販売価格を見直し、買い手が見つかりやすくなる環境を整えていくことが大切です。

 

・同マンションで他に売り物件がある

マンション売却の場合、同じマンション内で複数の部屋が売出されていることがあります。周辺環境は同じであるため、他の部屋より販売価格を高めに設定していると売れ残ってしまう可能性があります。また、買い手が見つかったとしても価格交渉を持ち出される可能性が非常に高いといえます。

 

上記の条件にあてはまる不動産であっても、依頼する業者やタイミングなどによっては自身が希望する金額で売却できるケースもあります。信頼できる業者を利用し、アドバイスを受けながら、損のない不動産売却を進めていきましょう。

どう心構えしておけばよいのか?

人差し指を立てる男性

 

不動産売却は、価格交渉があることを前提に考えておくことが大切です。最も多い価格交渉のパターンとしては、“端数切り”があげられます。これは4,980万円を4,900万円に、3,890万円を3,700万円にというように、十万円から百万円単位で値引く方法のことです。

 

価格交渉を持ち掛けられたといって、必ず応じなくてはならないというわけではありません。売り出した直後や人気物件の場合、値引きをしなくてもよい買い手が見つかるケースが多いためです。しかし、販売開始から半年以上が経過している場合や、既に新しい物件を購入しているため早く手放したいなどという場合には、価格交渉に応じるのもひとつの方法です。相手が望む値引き額を聞き、自身が希望する売却額と照らし合わせ、うまく調整していきましょう。

最後に

不動産売却を行うのであれば、価格交渉はほぼ確実にあるものと捉えておくことが大切です。これにより、いざ価格交渉をされた際に焦らずに済むのに加え、販売価格の設定もしやすくなります。販売価格は、希望する売却額に値引き額を上乗せした金額を設定しておくとよいといえます。不動産売却をお考えの方は、ぜひ上記をご参考ください。

 

不動産(マンション・一戸建て・土地)の売却をお考えなら、日本住宅流通にご相談ください。

  • Facebook
  • このエントリーをはてなブックマークに追加