家の模型を虫眼鏡で見る人

複数査定の疑問。 会社ごとに現れる査定額の違いについて

  • Facebook
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

マンションを売却するにあたり、複数査定を依頼することは非常に重要なこと。自身のマンションの価値自体に加え、大まかな価格相場を知る目安にもなります。しかし、不動産会社によって査定額にばらつきが出てしまうことがあるのも事実。そこで以下では、複数査定におけるばらつきの仕組みや、注意すべきポイントについてご紹介します。

マニュアル、顧客数、さまざまな理由で現れる差

ビルも模型を指差す人

 

不動産会社にマンションの査定を依頼した際、「会社によって査定金額が違う」「相場と比べて大きな差が出てしまった」といったケースがしばしばみられます。この違いが発生する理由はさまざまです。

 

本来、マンションの査定額は査定対象と売却事例を比較することで算出されます。査定対象とそれに似通った条件の物件の最新売却事例を比較して、大まかな査定額が出されるのです。この方法は“事例比較法”と呼ばれ、各不動産会社は事例比較法を基にしたマニュアルを使用して、より適正な査定額を算出していきます。

 

多くの不動産会社は、「不動産流通推進センター」という組織が作成したマニュアルを使用しています。なお、一部の大手不動産会社では独自のマニュアルを用いている場合もあります。このマニュアルの違いが、不動産会社において査定額にばらつきが生じる要因のひとつです。査定マニュアルは、物件の現況や立地条件、建材のグレードなど物件を点数化する項目が細かく分けられており、相場に沿った適正な査定額が算出されるような仕組みになっています。したがって、その項目に違いがあれば査定額に差が生じるのも当然といえます。

 

マンションの査定額のばらつきには、不動産会社ごとの取引事例や顧客数も影響しています。多くの不動産会社は、一般的な相場や似たような物件の取引事例を参考にして査定額を算出します。したがって、類似の取引事例が多ければ多いほど適正な価格を算出することができるのです。抱えている顧客が多ければ多いほど、売却されたマンションの需要が増加する可能性があります。したがって、相場よりやや高値の査定額が提示されるケースも少なくありません。

大事な複数査定、こんなケースには要注意

会議する人

 

前述したとおり、マンションの複数査定を依頼した際に査定額にばらつきが出るのには理由があります。しかし、相場から明らかにかけ離れていたり、極端に高すぎる査定額を提示したりしてきた場合は注意が必要です。

 

特にマンションの場合、立地条件によっては周辺の物件と比較しやすいところがあり、その場合は査定額に大きな差が出にくいといえます。そのため、相場や他の物件と比較して高すぎる査定額を出してくる不動産会社には警戒しておくことも大切です。契約を急いで高額な査定額を出している可能性も十分に考えられるのに加え、高値の査定額が出ればその分売却は困難になります。

 

高額な査定額が出た場合は、算出の根拠が明確であるか否かを確認することが大切です。「どのような要素や条件でこの金額が算出されたのか」「どの点が評価されたのか」など、疑問に思ったところはどんどん質問していきましょう。加えて、自身が所有する物件のアピールポイントをしっかりと把握しているのであれば、思い切って高額査定を提示してきた会社と契約をするのもひとつの手。その場合は、内覧希望者や買い手へきちんとしたアピールをできるか否かが非常に重要です。

最後に

マンションの複数査定は、相場や大まかな物件の価格を掴むためには欠かせない過程です。マンションの売却をご検討中の方は、上記のポイントを参考にして複数査定を活用してみてはいかがでしょうか。信頼のおける不動産会社を、根気強く探していきましょう。

 

不動産(マンション・一戸建て・土地)の売却をお考えなら、日本住宅流通にご相談ください。

無料査定はこちらからお申し込みいただけます。

  • Facebook
  • このエントリーをはてなブックマークに追加