資料を記入する人

交渉への応対。 値引きするタイミングを知っておこう

  • Facebook
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

マンションの売却時には、買い手から値引き交渉をされるケースもあります。お互いが気持ちよくマンションを売買するためにも、値引きする金額やタイミングは非常に重要です。以下では、マンション売却を左右する値引きのタイミングなどについてご紹介します。

あらかじめ時期を分けて、値引きのタイミングをみよう

カレンダーの上に差し出された手

 

マンションの売却期間は、大きく“売り出し始め”、“3カ月後”、“最終時期”の3つに分けることができます。「この日までにはマンションを売却したい」という明確なタイムリミットがある方は、この3つの期間を意識しながら値引きするタイミングを見計らうのがおすすめです。

 

売り出し始めは、一般的に希望価格で売り出すことがほとんど。一度売りに出した場合、後から値上げするのは買い手に悪い印象を与えてしまいます。したがって売り出し始めは、相場から大きくかけ離れない程度の希望価格を提示しておくことが望ましいといえます。

 

売り出し始めから3カ月が経過したら、1回目の値引きのタイミングだと考えましょう。この時期はマンション売却の節目にあたるため、売れ行きが厳しいのであれば物件の値引きを検討する必要があります。ただし、集客があったり検討度合いの高い買い手がいたりするのであれば、無理な値引きは必要ありません。

 

その期間も過ぎたら、後は“売らなければいけないタイムリミット”から逆算して値引きをしていく必要があります。「期限の1カ月前に、最低価格にまで値引きする」というように、タイムリミットより早めの時期に値引きするよう設定しておきましょう。

もうひとつのタイミングと注意点

セール

 

マンションの値引きをするタイミングは、人によってさまざまです。もしタイミングが合えば、1月または9月に値引きをするのが理想といえます。

 

1月は、4月の新生活スタートを見据えて物件購入を検討する方が増加します。そのため、1月から3月にかけての期間は取引物件数も増加します。この時期に値引きをすれば、多くの方の目に留めてもらえる可能性があります。

 

9月の値引きが効果的な理由には、新築マンションが販売されるタイミングが関係しています。10月以降は新築マンションの販売が増加するため、新築マンションと中古マンションの比較検討を行う方も増えてきます。それを見越して9月末日までに値引きをしておくと、そういった方の関心を引くことができるのです。

 

こうしたタイミングで値引きを実践する際には、注意すべき点がいくつかあります。ひとつは、中途半端に値引きをするのは避けるという点です。というのも、中途半端な金額の値引きを何度もしていると、買い手が「訳アリの物件なのでは?」「売り急いでいるようだから、大幅な安値で交渉してみよう」と考えてしまう可能性があるためです。マンションをできるだけ希望価格に近い価格で売却したいのであれば、中途半端な値引きはできるだけ避けましょう。

 

加えて、値引きする間隔を意識することも大切です。値引き価格が市場に浸透するのは、最低でも2週間以上かかるといわれています。したがって、値引きしてからしばらく反応がなくても焦る必要はありません。「値引きをしても思うように反応がない」という理由で、すぐに次の値引きを行うのは早計です。値引きしてから最低でも1カ月程度は様子をみて、何の反応もないようであれば再度次の値引きを検討するのが賢い対応であるといえます。

最後に

マンションを売却する際に行う値引きは、売り手と買い手の交渉をスムーズにするための要です。マンションの売却をご検討中の方は、上記でご紹介したポイントを参考にしながら値引きを行うタイミングを調節してみてはいかがでしょうか。

 

不動産(マンション・一戸建て・土地)の売却をお考えなら、日本住宅流通にご相談ください。

無料査定はこちらからお申し込みいただけます。

  • Facebook
  • このエントリーをはてなブックマークに追加