不動産会社が行う査定評価とは

売買にも影響する? 不動産会社が行う査定評価とは

  • Facebook
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

不動産会社に物件の売却を依頼する際は、各不動産会社が利用する“査定評価法”をしっかりチェックしたうえで会社選びをすることが大切です。利用する評価法が異なることで算出される金額が大きく変動するケースは少なくありません。

以下に、不動産売却で利用されている“査定評価法”を3つご紹介します。

各評価法を比較し、不動産会社選びに役立てる

不動産会社が行う査定評価とは

不動産売却で利用されている査定評価法には、3つの方法があります。

取引事例比較法

土地や物件、立ち木などの不動産を売却する際、最も多く利用されている評価法です。取引事例比較法では、売却を希望する物件に近い物件の取引事例を取り上げ、双方を比較しながらベースとなる価格を決めていきます。それに時点修正(取引時期や市場動向などさまざまな点からリサーチした情報を加えて調整すること)を行い、金額を算出します。

収益還元法

不動産投資を行うための不動産を売却する際、よく利用されている評価法です。収益還元法では、対象となる物件が将来的にどの程度の利益を生むのかを予測し、現状での価値などを加えることで金額を算出していきます。なお、将来的に生む利益とは地代・家賃などを指します。

原価法

一戸建てなどの物件を売却する際に多く利用されている評価法です。原価法では、“再調達原価”に“減価修正”を行うことで査定価格を算出します。再調達原価とは、売却する物件を再度購入する際に必要な金額のこと。減価修正とは、物件の老朽化・劣化などにより差し引かれる金額のことです。この方法は、土地ありきの物件の査定時に有効だといわれています。

上記のように、査定の対象が変わることで適した評価法も変わります。不動産会社を選ぶときは、この点もしっかりチェックしておくことがおすすめです。

より正確にリサーチしてもらうなら訪問査定が最適

不動産会社が行う査定評価とは

不動産会社に物件の査定をしてもらう際は、“訪問”か“簡易”かを選ぶことになります。

訪問査定

売却する一戸建てやマンションなどの物件まで足を運び、実際に目で見て査定を行う方法です。室内を含む物件の状態はもちろん、周辺環境、日当たりや風通し、景観など物件の快適さ、顧客動向など、さまざまな面から物件をチェックしたうえで金額を算出します。

簡易査定

地図を利用して、現地ではなく机上で査定を行う方法です。地図から見た物件の位置や周辺環境、地域で暮らす消費者の意向をリサーチする市場動向などを踏まえたうえで、金額を算出します。

 

正確さを重視するのであれば、訪問査定の方が好ましいとされています。同じ地域に建っていても、物件によって特徴や快適さなどは大きく異なるからです。売却予定の物件を直接見てもらうことで物件独自の魅力も伝わりやすくなり、それだけ売却額アップが期待できます。

不動産会社選びで迷ったら、一括査定を利用する

不動産会社が行う査定評価とは

物件には相場というものがあり、これを把握しておくことでおおよその売却額を想定することが可能です。とはいえ、想定できるようになるためには不動産に関する豊富な知識や経験が必要であるため、物件のプロである不動産会社に査定を依頼することになります。

 

一般的には、複数の不動産会社に依頼することが望ましいとされています。そして、そのために利用できるのが“一括査定”というもの。利用すれば複数の不動産会社から提示される金額を一度にチェックできるため、会社選びがスムーズになります。

その際には、相場と比較し、金額が極端に高いところ、同時に極端に安いところは避けた方が無難です。前者は契約前と契約後で提示額に大きな差が出る可能性があり、後者は物件相場について詳しく理解していない可能性があるからです。

最後に

このように、利用する方法により金額は大きく変動します。そのため、自身が依頼しようと考えている不動産会社がどの評価法・査定方法を利用しているか、この点をよく考慮しましょう。もし、迷った場合には一括査定を利用するのもおすすめです。

上記を参考に、自身に合った不動産会社を選ぶことが大切です。

 

不動産(マンション・一戸建て・土地)の売却をお考えなら、日本住宅流通にご相談ください。

  • Facebook
  • このエントリーをはてなブックマークに追加