模型の家と虫眼鏡を持っているスーツ姿の女性

タイプは2つ! 不動産売却の査定方法

  • Facebook
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

不動産を売却するとなった際に行われるのが、土地の査定です。土地の査定方法には、“簡易査定”と“訪問査定”の2種類があります。この2種類の方法にはそれぞれ違ったメリットがあり、手順も行うタイミングもそれぞれ違いがあります。ここでは、“簡易査定”と“訪問査定”それぞれの特徴について解説していきます。

さまざまなデータから土地の価格を算出する“簡易査定”

統計グラフを映しているノートパソコン

簡易査定とは、1年に1度国土交通省から発表される公示価格や、過去の土地の成約事例といったデータを参考にして物件の価格を算出する方法です。この方法では実際に物件が見られるわけではないものの、相場や膨大な取引事例などの客観的なデータに基づいて価格が算出されるため、一定以上の正確性が見込めます。物件の基本的な情報を参考にして価格が算出されるので、不動産会社ごとで大きな価格差が発生することがほとんどないという特徴もあります。

 

簡易査定のメリットは、土地の所在地や面積、物件の種別(土地、一戸建て、マンションなど)、築年数などを電話やメールで伝えるだけで依頼することができるという点です。時間や距離的な都合で不動産会社に赴くことができないという方でも、土地や物件の価格を知ることができます。くわえて査定時間も比較的短く、早ければ数時間程度で土地の価格が算出されます。したがって、できるだけ早く土地の価格を把握したいと考えている方にも適した方法だといえます。

 

この方法を行うタイミングとしては、「新居を購入したいが、今の家はどれぐらいの価値で売却できるか確認したい」というように土地や物件の売却がまだ検討段階にあるときに行うのが適しています。

実物の物件を視察し、価格を算出する“訪問査定”

手帳を抱えてOKサインをしているスーツ姿の女性

不動産会社の担当者が実際にその物件を訪問して土地や物件の価格を評価する方法を “訪問査定”と呼びます。この方法では、物件の基本情報や過去の取引事例といったデータに加え、土地の地形や立地条件、使用状況やインフラ状況などの情報に基づいて物件の価格が算出されます。実際に訪問して初めて見えてくる現地の状況や周辺環境などを盛り込んで査定するため、より具体的で適正な価格を算出することができます。

 

現地での調査時間は一般的に数十分程度、実際の価格が提示されるのには数日程度かかります。訪問を依頼する場合、登記簿謄本や測量図、権利証、公図、購入時の重要事項説明書などを用意しておく必要があります。各不動産会社によって必要書類が微妙に異なる場合もあるため、事前に確認しておくことが大切です。

 

この方法では、実際の物件の状況、周辺環境などの情報を基にして価格が提示されます。したがって、現状でマイナスになったポイントやプラスになったポイントを把握することができ、実際に物件を売却する際の参考にもなります。「どういった部分が物件の価値を下げているとわかったので、売却するまでにその部分を修繕する」、もしくは、「物件のアピールポイントが把握できたので、売却するときはその部分を強く押し出していく」というように、物件の売却に向けて具体的な対策を練ることが可能です。訪問査定を依頼するタイミングとしては、具体的に土地や物件を売却しようと決断した段階が適しています。

最後に

いかがでしたか。土地や物件の適正な価格、参考になる価格を知りたいのであれば、簡易査定と訪問査定の査定方法の違いについて把握しておくことが大事です。自身のなかで「物件をどう売却したいのか」といった方針をしっかり固めておくのはもちろん、両者の概要やメリット、行うタイミングなどをしっかりと把握しておき、スムーズに不動産売却へ繋げていきましょう。

 

不動産(マンション・一戸建て・土地)の売却をお考えなら、日本住宅流通にご相談ください。

  • Facebook
  • このエントリーをはてなブックマークに追加