住むなら、新築VS中古?!

  • Facebook
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新築と中古住宅のメリット・デメリットとそれに関連する各種サービスもご紹介しています。
自分の希望にあった条件を満たすのか新築、中古のどちらか?それぞれの良さを理解して選びましょう。

【新築と中古住宅、どっちを選ぶ?】

メリットを「○」、デメリットを「×」でまとめてみました。

 

<新築住宅の特徴>

住宅街の中にある白い綺麗な家

 

○新しい設備で、建物が新しい。現在の建築基準なので耐震性が高い。
○注文住宅の場合、希望の間取りを設計できる。
○新築なので、長い間住むことができる。
○中古住宅に比べて住宅ローンが長期で組める。
○マンションの場合入居時期が同じなので近所付き合いがスムーズ。

×未完成の青田売り(※1)の場合、現物が見れない。管理状態がわからない。
また近所にどんな方が住むか分からないケースが多い。
×完成まで期間があると、住宅ローンの金利リスクなどが考えられる。
×供給数は中古住宅より少ないので限定した地域では探しにくい。

 

※1青田売り
マンションの未完成の時期に販売する手法を「青田売り」といいます。
これに対し、建物が完成してから販売する手法は「完成売り」などと呼ばれます。

<中古住宅の特徴>

○新築住宅より、売却時の値下がり幅が小さい。
○現物を見て購入でき、マンションの場合管理状況もわかる。一戸建ての場合は近隣の居住者や雰囲気がわかる。
○築年数の経過した住宅は、住環境が整備され利便性が比較的良い。
○新築に比べ、流通数が多く希望の住まいが見つかりやすい。

×建物が古いので、入居にあたりリフォームや修理代がかかる場合がある。
×住まいの見えない部分の状態がわからない。
×住宅ローンの借入期間が新築より短い。
×住宅購入する際の諸経費が新築よりかかるケースが多い。

 

新築にこだわりすぎたため、希望予算や地域でなかなか住まいが見つからない…といった方がおられます。立地・環境は変えることはできませんが、設備や間取りが気に入らない場合、リフォームをして変えることができるので 「家族にあった住まいにリフォームしたい」「安全で機能的な住まいに暮らしたい」と大幅にリフォームをされる方も増えています。
探し始めのころは条件を緩めにし、広く住宅の情報を収集して徐々に条件を絞り込んで探してみてはいかがでしょうか。

 

中古住宅のデメリットに対して各種サービス等も充実してきました。
多様なサービスがありますので、一部をご紹介しましょう。

 

その1 中古住宅の保証があります。

中古住宅の場合、「住宅の品質確保促進法」で規定されている「10年保証」の対象となっていませんので、入居後に問題があった場合、「いつまで」「どこまで」保証してくれるのかアフターサービスの内容を確認しておきましょう。

また住宅保証機構㈱が行っている中古住宅保証に「既存住宅保証制度」があります。
中古住宅の売買の際、保証した住宅に「雨漏り」「家が傾く」等のトラブルが発生すると
最長5年間まで住宅保証機構が補修費の一部を負担するという制度です。
この保証を受けるためにはいくつか条件がありますので、興味のある方は住宅保証機構のホームページ
確認して下さい。

 

その2 中古住宅を購入する前に建物を調査できます

「中古住宅の安全性や住まいの状態を購入する前に知っておきたい・・・」こうしたご要望にお応えして「建物調査(有償)」があります。
これは、第三者機関である建物調査の有資格者(1級建築士など)が建物の状態を調査するものです。
事前に調査し、建物の状態をわかった上で、購入に判断をすることができます。
また、お住まいのリフォームプランもこれを参考に考えることができます。

そのほか、「木造住宅の耐震診断(有償)」を行っています。
一般診断は、まず耐震診断の必要な建物かどうかを確認し、「屋内調査」「小屋裏調査」「床下調査」「外周調査」を行い、4段階で評価した結果に基づき補強の提案・アドバイスをいたします。

 

こちらの調査内容も動画でご覧いただけます。
http://www.jyutaku.co.jp/reform/

耐震診断の可能な住宅については条件がございますので、ご希望の方は事前にお問合せください。
フリーコール 0120-63-1501

 

その3 中古住宅をリフォームした後の保証もいたします

当社施工のリフォームには、保証書を発行しています。
万一、施工不良が原因となっている場合、実地調査の結果、速やかに当社の責任で、補修・取替えいたします。
保証書の発行は当社施工基準を満たす工事に限ります。
保証書を発行できる工事か否かは、請負契約の前までにご確認下さい。

  • Facebook
  • このエントリーをはてなブックマークに追加