綺麗なマンション

どんな内訳? マンション販売価格の“土地”と“建物”の価格

  • Facebook
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

マンションを購入する際、土地・建物にかかる価格などの内訳をチェックできる機会はほとんどありません。一戸建てとは違い、マンションの販売広告では「販売価格◯◯万円」というように、販売価格のみ提示しているものが多いからです。

内訳を知ることで、購入時に値引きしてもらいやすくなったり、無駄な費用を抑えたりすることも可能です。

以下に、マンション販売価格の内訳についてご紹介します。

マンションの販売価格=土地代と建物代と消費税

建物の模型と電卓と紙幣

マンションによって異なりますが、マンションの販売価格には土地代・建物代・消費税が含まれています。この消費税は建物代のみに含まれるものであり、土地代には消費税がかかりません。建物は使用し続けることで消費されるものですが、土地は消費されるものではないため、“非課税対象”とされています。

 

・建物の税込価格から消費税のみを引く

マンションの販売価格の内訳を把握するのであれば、土地代・建物代・建物にかかる消費税をそれぞれ割り出す必要があります。非課税対象である土地はすでに税抜価格が算出されているため、計算する必要はありません。建物の税抜価格を算出する式は、“消費税額÷税率”となっています。

 

例えばマンションの販売価格が3,000万円で、うち消費税額が150万円、税率が8%の場合。建物代を算出するため、上記の式に各数字を当てはめていきます。すると、“150万円÷8%=1,875万円”と出ることから、1,875万円が建物代であることが分かります。マンションの販売価格は3,000万円なので、そこから建物代1,875万円と消費税額150万円を引いて残った金額が土地代となります。

つまり、この場合は土地代が975万円、建物代が1,875万円、消費税が150万円ということになるのです。

 

上記を押さえておくことで、土地の相場や、マンション自体の価格などを簡単に調べることができます。

費税が上がると、マンションの販売価格も上がる

建物のイメージとグラフ

マンションの場合は一般的に一戸建てとは違い、土地より建物にかかる金額が高くなるといわれています。そのため消費税が上がると、課税対象である建物代も上がることになるため、マンション購入にかかる費用を高くなるのです。購入費用を抑えたいという方は、増税のタイミングなどもしっかり考慮したうえでマンション購入を計画することが大切です。

 

非課税対象である土地は、消費税によって金額が左右されることはほとんどありません。ただし、土地そのものの相場が上がることで金額は高くなるので、将来的な土地開発などを考慮したうえで計画を立てることが大切であるといえます。万が一、将来的に土地相場がアップすれば、マンションを売却する際の売却額アップが期待できます。

不動産取引で発生する仲介手数料について

不動産会社と取引を行う際には、仲介手数料が発生します。これは自身が希望する部屋を紹介してもらったり、契約に関する手続きを行ってもらったりする代わりに、不動産会社へ支払うことになる手数料のことです。この金額は、不動産会社により異なります。

 

不動産取引で発生する仲介手数料は、マンションの税抜価格をもとに算出します。前述したように、マンションの販売価格には建物にかかる消費税が含まれているため、仲介手数料を計算するのであれば“建物の税抜価格”をあらかじめ算出しておく必要があります。

建物の税抜価格を算出するためには、建物の税込価格を税率で割ればOKです。消費税が8%の場合、“建物の税込価格÷8%” という式が成り立ちます。これにより算出された金額に土地代を足せばマンションの税抜価格を出すことができ、この金額をもとに仲介手数料を計算することになります。

最後に

上記が、一般的とされるマンションの販売価格の内訳となっています。希望に合った物件を見つけた際は、しっかりチェックしておきましょう。自身が購入する物件の内訳を知ることで、より安心して購入手続きを進めていくことができます。

 

不動産(マンション・一戸建て・土地)の売買をお考えなら、日本住宅流通にご相談ください。

  • Facebook
  • このエントリーをはてなブックマークに追加