日本住宅流通トップ > 不動産鑑定
不動産鑑定のご案内
不動産鑑定とは?
「不動産鑑定」とは、国家資格を持つ不動産鑑定士が、規定に基づき適正な不動産価格や不動産の有効利用を判定する業務
をいいます。一般的な「査定」と違い、公的機関に提出する場合に対象不動産の経済価値について、多面的に捉え説得力のある
鑑定評価書として効力を発揮します。
こんな場合に不動産鑑定をご利用ください
 相続などで適正な価格が必要なとき  不動産を売買・交換するとき  不動産を賃貸借するとき
 不動産を担保にするとき  資産評価をするとき  裁判や課税上の不服申立てなどのとき
 共同ビルの権利調整や
再開発関連の場合にも
 不動産をもっと有効に利用したいとき  
不動産鑑定室より
一般のご家庭で、不動産鑑定を利用することはあまりないかと思われます。
そのせいか、不動産鑑定にどんな相談をして、どう利用すればいいかわからない方も多いかと思います。
不動産鑑定のスペシャリストがご相談を承りますので、お気軽にご相談ください。
不動産鑑定室 室長 横崎博一
昭和37年生まれ。旧大和団地にて住宅営業ののち、平成元年8月に大和ハウスグループの
不動産鑑定会社へ出向。
平成14年9月より日本住宅流通に入社。モットーはお客様に信頼していただける仕事をすること。
「鑑定業に関わって20年以上。鑑定業を通じて心が通じ合える営業を心がけています。」