空き家の売却! “中古戸建”と“更地”の違いとは?

  • Facebook
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

空き家の売却を予定している方のなかには、「中古戸建と更地ではどんな違いがあるのか」という疑問を抱いている方も多いのではないでしょうか。中古戸建の状態で空き地を売却するのと、更地の状態で売却するのでは、必要な費用や売買価格の相場が変わってきます。ここでは、空き家売却する際の“中古戸建”と“更地”の違いについて解説していきます。

空き家を解体せずそのまま売却する“中古戸建”

空き家をそのまま売却することは、“中古戸建”または“古家付土地”での売却となります。中古戸建または古家付土地で空き家を売却することのメリットは、費用と手間をかけずに売却できるということです。一般的に、中古戸建を購入した後に発生する費用は、すべて買主が負担することになります。必要な費用は主にリフォーム費用、建替えをする場合は既存建物の解体費用や造成費用、測量費用などです。これらの費用の負担を買主にしてもらう代わり、売却する際の価格は安くなります。また中古戸建で売却する場合、状況によっては建物の所有者に毎年課せられる“固定資産税”が安くなります。固定資産税とは毎年1月1日時点の建物の所有者に課せられる税金であり、不動産売却をする際、1月1日時点で建物が現存していれば固定資産税が軽減されます。つまり、売却が年を跨ぐことになりそうであれば、更地より中古戸建として売るほうが節税対策として有効なのです。

 

中古戸建や古家付土地を売却する際、「新しい家ではないから、買い手があらわれるか心配」という方も多いのではないでしょうか。しかし、最近では古民家ブームも相まって、日頃から丁寧に手入れをしていたり老朽化対策などを行っていたりする家であれば、一定の層に“古民家”として喜ばれる場合もあります。空き家をそのまま売却するのであればなおさら、普段から最低限のお手入れや老朽化対策はしておきましょう。

 

土地の測量や解体、リフォームの手間と費用を最低限に抑えて空き家対策を行いたいという方には、中古戸建もしくは古家付土地の状態での売却が適しています。

空き家を解体した状態で売却する“更地”

更地の状態での売却は、建物の解体費用や時間などの負担を売り主が負うことになります。その代わり、中古戸建や古家付土地で売却する際よりも土地の活用パターンが広いので、一定の層に人気があります。ちなみに、空き地をそのまま売却する場合でも“更地”での売却となります。空き地をそのまま売却する際は、空き地にある大木や異物などの処分費用が発生するケースがあります。そうなると、その伐採費用や清掃費用もかかってくるので注意が必要です。また、建物がない状態で売り出すので固定資産評価額の軽減処置が受けられなくなり、結果的に税金があがってしまうという点もあります。したがって、負債を抱えずに土地の管理・売却を行いたいと考えている方にとってはリスクがある売却方法といえます。

 

一般的に、建物の価値は築20年を基準として考えられています。したがって築20年以上の空き家は解体し、更地として売却したほうが高値で売れる可能性があります。くわえて、更地での売却は建物がない状態で売りに出すことになるので、建物における隠れた欠陥に対して売り主が責任を負う心配もありません。土壌汚染調査も予め行うことができるので、土地の売買取引にて発生しやすいトラブルへの対策を事前にしっかり行うことができます。スムーズな売却を実現させるためにも、土壌汚染調査や地中の残存物対策などはしっかり行いましょう。

最後に

いかがでしたか? 中古戸建と更地には異なるメリットとデメリットがあります。また、老朽化対策や解体時のリスクへの対策、各種税対策など、必要な準備も微妙に変わってきます。これらの違いをよく踏まえた上で、売却に臨みましょう。不動産売却のことでお困りであれば、弊社へお気軽にご相談下さい。不動産売却のご相談から空き家の管理まで、丁寧に対応いたします。

  • Facebook
  • このエントリーをはてなブックマークに追加