白いビルと本

押さえておきたい! マンションの売却相場を確認する3つの方法

  • Facebook
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

結婚や出産などをきっかけに、現在住んでいるマンションから新しい一戸建てに移ろうとお考えの方もいるのではないでしょうか。もしもマンションを売却するのであれば、引っ越し後の金銭的負担を少なくするためにも、より有利な状況で売却したいもの。

そこで以下では、マンションの売却相場を確認する3つの方法をご紹介します。

情報誌やネットで確認する

資料を見ながら話す男女

マンションの売却相場は、不動産業者の店舗にて確認することができます。しかし、仕事や家事などで忙しかったり、不動産業者が自宅近くになかったりと、足を運ぶことが難しいという方もいるかもしれません。そんな方におすすめなのが、情報誌やネットの利用です。不動産サイトや不動産売買情報サイトを利用することで、マンションの売却相場を簡単に知ることができます。サイトによって多少の違いはありますが、基本的にはマンションの築年数や面積、エリアなどを入力して大体の売却額を算出します。

なお、すでにサイト上に掲載されている売買情報をみてみるのも有効です。自身が住んでいるマンションのほかの部屋が掲載されていれば、より確かな相場を知ることができます。

 

なお、情報誌やネットの情報をすべて鵜呑みにするのはNGといえます。というのも、これらに掲載されている金額で売却が期待できない場合はさらに金額を落とさなくてはならず、その分相場が下がっている可能性があるからです。また、情報誌やネットの情報は一度チラシにて売却を周知されたものであるため、すでに契約が決まっていたり、掲載されている金額より下がっていたりすることもあるのです。

 

不動産サイトにて取引事例を確認してみるのも、有効な方法のひとつです。大阪と東京の2大拠点を中心に幅広い不動産事業を行う日本住宅流通株式会社では、「周辺相場検索サービス」を提供しています。これは、エリア内で行われた取引情報を閲覧できるサービスです。通常は業界内のみで公開される情報を利用することで、より精度の高い相場を知ることができます。

買い主の目線になってみる

マンションの売却相場を確認するうえで、買い主の目線になって考えてみることは非常に重要です。自身が売り主となった場合、「少しでも高く売りたい」という思いから冷静な判断ができず、情報の取捨選択がうまくできなくなることがあります。これにより、相場よりも高い金額を打ち出してしまったり、自身に都合のよい情報ばかりを鵜呑みにしてしまったりすることになります。大切なのは、自身が買い主だったときを思い出してみること。「何が決め手で物件の購入を決めたのか」、この点をはっきりさせておきましょう。

 

マンションの売却額は需要により大きく変動し、需要はそのときのトレンドなどにより異なります。そのため、マンションを売却に出すタイミングの見極めもかなり重要となります。需要が高まっているタイミングを狙って売却に踏み込むことが大切です。

査定を依頼してみる

書類とお金と家

情報誌やネットでマンションの売却相場を確認したら、次は不動産業者に査定依頼を行います。業者のなかにはネット上で査定依頼ができるところもあるので、そちらを利用するのがおすすめです。このとき必ず行っておくべきことに、複数の不動産業者で査定依頼を行うことがあげられます。依頼する不動産業者により査定金額には大きく差が出るものなので、それを知らず一社のみに任せてしまうと大損をする恐れがあります。マンションを少しでも高く売却するためには、複数の業者の査定価格を比較し、より具体的に査定価格の根拠や販売計画等を提示した不動産業者を選択するのがベストだといえます。

なお、必ずしも査定価格で売却できるわけではないことも覚えておくことが大切です。前述したとおり、マンションの需要は時期などにより変動するもの。査定で出た金額は大体の目安と捉えておくのが無難です。

最後に

「少しでも高くマンションを売却したい」。そう考えるのは当然のことですが、自身が当事者となったときこそ冷静になり、しっかり下調べしておくことが大切です。情報誌やネットを利用したり、不動産業者へ査定を依頼したりして、マンションの相場を事前に調べておきましょう。

 

不動産(マンション・一戸建て・土地)の売却をお考えなら、日本住宅流通にご相談ください。

  • Facebook
  • このエントリーをはてなブックマークに追加